手作りのやさしさ静岡のお漬物 季咲亭 食べること=地域保全 静岡めんまプロジェクト
竹林を食べて守る静岡めんま
  • NEWS

  • 2021/04/20   めんまの収穫がはじまります。竹林整備を兼ねて静岡めんまプロジェクトが始動します。
  • 2021/04/12   静岡めんまサイト 公開しました。
静岡めんまパッケージ

簡単おいしいめんまレシピ
季咲亭静岡めんまの紹介
【原材料】

たけのこ(静岡県産)、漬け原材料[本みりん、醤油、(大豆・小麦を含む)、清酒、三温糖、がらスープ(食塩、デキストリン、チキンエキス(鶏肉を含む)、食用油脂、野菜エキス、たん白加水分解物、香辛料、酵母エキス/調味料(アミノ酸)、pH調整剤)

【栄養成分表示】(100gあたり)

エネルギー93kcal / たんぱく質1.2g / 脂質0.2g / 炭水化物21.5g/食塩相当量2.54g

内容量:80g入

 

 

おいしい静岡めんまができるまで 美味しく食べられるように心を込めて製造しています。
静岡周辺の竹林で幼竹を採取
1

静岡周辺の竹林で幼竹を採取

幼竹の採取時期は4月~6月。
静岡めんまは1〜2mに成長したものを収穫して加工するため、たけのこの時期を過ぎた2mのものを主に手作業で伐採~採取していきます。
この時点で増えすぎて伸びていく竹が刈り取られ山や森は竹害から守られていきます。
洗い~加工処理
2

洗い~加工処理

手作業で幼竹を丁寧に洗い、皮むき。
その後加熱処理をします。
塩漬け~発酵
3

塩漬け~発酵

まず2トンの幼竹の塩漬けを完成させ、その後2週間に渡って乳酸発酵させます。
専門の技術で美味しいめんまに
4

専門の技術で美味しいめんまに

竹は乳酸発酵する発酵食品です。
漬物専門の季咲亭の技術で特徴を活かした美味しいめんまを仕上げていきます。
静岡めんまが完成
5

静岡めんまが完成

静岡県産の幼竹を使用しているため静岡めんまは、クセがなく、シャキシャキっとした歯ごたえと柔らかい触感、竹らしい色合いのやさしい味付けに仕上がっています。
山のバランスが整っていく
6

山のバランスが整っていく

山の恵みを美味しくいただくことで竹林だらけになるのを防いで山や森のバランスが整っていきます。

地方創生SDGS官民連携プラットフォーム

本商品の売り上げの一部は「ふじのくに未来財団」を通じて静岡県内の竹林整備に使わせていただきます。

季咲亭 静岡めんまプロジェクトとは 放置竹林や竹害対策の解消に貢献するプロジェクトです

簡単おいしいめんまレシピ
季咲亭 美味しい静岡めんまができるまで

放置竹林・竹害とは?静岡の放置竹林の現状
1

PAGE TOP